楽器演奏で「上手い」と思わせる方法

 2010-09-06
一般に、楽器の演奏において、

「上手いなあ~」

と聞き手に思ってもらえる方法に、さしあたり、

「細かいフレーズを速く演奏する」

というのがあるのかも知れません。


はもにかでいえば、いわゆる「早吹き」です。

他の楽器、例えば三味線(なんで三味線やねん・笑)でいえば、

歌舞伎舞踊の「道成寺」や、津軽三味線で、
曲中に、早弾きを華麗に決めて、
ご見物から拍手が沸き起こる、てな光景があります。


私自身は、はもにかを始めたのは歳を喰ってからで、
「早吹き」は、とてもようせん…と、最初から投げてきました(笑


はもにかでいえば、ブルーグラスの名曲で
「オレンジ・ブロッサム・スペシャル」というのがあって、
途中で早吹きのフレーズが出てきます。

これも長らく、私は捨てていましたが、
最近、ようやく少しずつ練習しています。


細かいフレーズをすばやく演奏する場合、練習の極意は、実は、

「ゆっくり確実に吹き吸いして、少しずつ速くしていく」

ということだろうと思います。

私は「いらち」なので、そういう練習を積むことはサボってきた、
「なまけハーピスト」でありまして。
それでも少しずつ、ざっと3年ほどかけて、
ぼちぼち、ぼちぼち、やっています。


ご披露できるのは、いつのことでしょうか・・・




コメント
>綸子さん

おお、長唄三味線、なさってるんですね!

私は風呂場で「勧進帳」を我流で唄ってます(笑

どんな楽器でも(私は、主に、はもにかしか知りませんが)、
思い通りに動いてくれないもの。

それを一つひとつ付き合って、
自分と楽器との関係が、クリアになっていく道程、
これ自体が喜びですね!!

【2010/09/06 21:39】 | こにし #- | [edit]
はぁ…なるほど。

長唄三味線始めて三ヶ月経ちました。参考にいたします~

小さい壁がどんどん立ちはだかって(笑)それでも「楽しい」お稽古の日々です♪
【2010/09/06 21:34】 | 綸子 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1182-6dd19ec1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク