スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

美の壺 ヴェトナム

 2010-07-31
昨夜のことになりますが、NHKの「美の壺」
file178 「ベトナム」を見ました。

美の壺
http://www.nhk.or.jp/tsubo/index.html

番組は時間延長の特別版、
ヴェトナムの刺繍、漆器、アオザイ、バッチャン焼き、ランプについて、
「ツボ」をさぐるという企画。


ちょうど昨年9月、私ども夫婦でヴェトナム・ラオスを旅したばかりで、
興味深く見ました。

旅では、首都ハノイ郊外の、
バッチャン焼きで知られる「バッチャン村」にも立ち寄ったからです。


バッチャン

バッチャン2


バッチャン焼き工房にて

バッチャン焼き1

バッチャン焼き2


ハノイ市内の、アオザイなど絹製品のお店にて

ヴェトナム刺繍の数々

ヴェトナム刺繍


もういっぺん、ゆっくり、ヴェトナムを回りたくなりました。

昨年9月の訪問では、布はヴェトナムでなく、
お隣のラオスでさまざま求めました。

ラオスの布



日本もアジアの国。
「縞」「絣」、みんなアジアを通して、やってきたものです。
ですからアジアの布は、日本でのきもの暮らしににも、
取り入れることができて、これからますます面白いです。

こういうのは、自在な「普段きもの暮らし」ならではの楽しみです。


ラオスにて

ラオス

コメント
昨年ヴェトナム&ラオスを訪ねた折、
まだまだ暑い中で、独特の「もわっ」として、ただし、
日本とは違う感じだったのは、
やはり「土」が多いからだろうと思いました。

その土地土地に合った食べ物、衣類があるもので、
ヴェトナムのフォーは、熱くてサッパリ、
現地のビアも軽めで、
「こんなに美味しいものが世の中にあるのか」
と思ったものです。

【2010/08/01 20:56】 | こにし #- | [edit]
熱帯地域では、細かな芸術が発達すると聞きます。
熱さを忘れるために、大きな柄よりも、微細な紋様を
時間の許す限り描き続けるとか。
うだるような熱さに悩む昨今ですが、
熱い熱いと嘆くよりも、ペンを手に取った方が生産的なのかもしれませんね
【2010/08/01 20:51】 | 三碧星 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1131-0dd36335
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。