和装伝授手習鑑(わそうでんじゅてならいかがみ)

 2010-07-29
先日、私の娘に買った浴衣。

浴衣


娘十八、番茶も出花。しかも、
なにしろ身長170センチ。
店頭での選択肢は「トールサイズ」に限られます。
その中でも、娘自身が気に入ったものがあって、よかったです。


品物は、お金を出せば買えます(出すお金相応に)。


さて、問題はそれから。

いつも思うのですが、きもの関連本には、
まず、何はさておき、浴衣にしろ、きものにしろ、
素材や色柄、コーディネートが紹介されています。


本で着ているのは、モデルさんです。

そのとおりのコーディネートをして、
ある人に似合うかどうかというのは、別の話です。
仮に同じコーディネートでも、着付けによって、
別物になるでありましょう。


さらに、問題はそれから。

きものを着るにあたって、
コーディネートや着付けもさることながら、
実は、大切なのは、着た後の手入れ、管理なんだろうと、
最近は、ひしひしと思います。

着ることは、どないしたって(各種着付けサービスなど利用を含め)、
なんとかなるでしょう。

しかし、そこで終われば、きものは「使い捨て」になってしまいます。

なので私は、娘が浴衣を選ぶにあたって、
色柄の選択には一切口を挟みませんでしたが、
着付けより先に、現時点でできる範囲ということで、
きもののたたみ方から、伝授することにしました。


まず私がやって見せます。

畳むの図1


きものは洋服と違って直線断ちであること、
なにより、元は反物であること、
そして、どこで縫ってあるか、襟や袖の話をしながら、
やってみせます。

「『私の身を包んでくれてありがとう』と思いながら、
 たたんだところの空気を、丁寧に、手で抜いていくんですわ」

見ていて、本人も、「やってみる!」と言うので、
ざっと広げて、「やってみぃ~」


やっております、18歳。

畳むの図2


もとより、いっぺんで出来るものではないでしょう。
手持ちのきもの本から、たたみ方のページだけコピーして渡して、

「なんべんも練習してみ」。



私は、男のきものですが、祖父に手ほどきをうけ、
母親に、こまごました注意を受けてきました。
それを、自分の娘に伝えていけるでしょうか。




コメント
こなつさん

はじめまして。
いつも当ブログをご覧いただいているとのこと、
ありがとうございます。

きものを着る人が増えてほしいと願ってはいますが、
ファッションの選択は、その人その人の自由。
なので、実際にきものを着ることで、
身近な人たちに「自分も着てみたい」と思っもらえるのが、理想です。

浴衣を手にした娘も喜んでいると思いますが、
実はいちばん「いちびって」いるのは私かも知れません(笑



【2010/07/31 08:23】 | こにし #- | [edit]
いつも楽しみに拝見しています。
ご夫婦で楽しむ着物の姿も素敵ですが、今回の記事もこのようなお父さんがいれば本当にお嬢さんも幸せ者だなあと拝読しました。
私が着物を好きになったきっかけも祖母と父がきっかけだったと今になると思います。
着物を着ている父の姿をみるのが今もとても好きです。
お嬢さんもきっとそうだろうと思います。ましてやお母様も素敵にお召しになるご家庭に生まれて羨ましいな。
どうぞこれからも素敵な着物生活を私達に魅せて下さい。

【2010/07/30 21:48】 | こなつ #tHX44QXM | [edit]
>番頭さん

まあ、融通の利かない、頑固おやじ、

でございます(笑

番頭殿ぉ~、もとい、
源蔵殿ぉ~、ごめんくだされ

持つべきものは、子でござる

【2010/07/30 21:04】 | こにし #- | [edit]
お嬢さんはお幸せですよ。

父君から着物の畳み方を伝授していただけるのですから。

番頭は本とパソコンがお師匠さんの、「よだれくり」です。(笑
【2010/07/30 12:55】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1130-42032300
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク