FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

基本の通勤ルート+α(熊野街道) 上町台地暮らし

 2018-05-16
5月16日。いつものように徒歩出勤。

長堀通から、谷町筋の一つ東の五十軒筋へ。

長堀通から五十軒筋に入るところにコンビニがあり、
その横に大阪市の「熊野街道」顕彰碑があります。

IMG_2620.jpg


そのまま五十軒筋を南下、
「空堀ど~り商店街」に突き当たる手前にも、
大阪市の「熊野街道」顕彰碑。

IMG_2621.jpg


この向かいにあるのが居酒屋「スタンド・そのだ」。

情報誌にも紹介されて、いつも行列ができていますが、
私はまだ行ったことがありません。

(何しろ私は自宅で「居酒屋こにし」をやっていますので)

「空堀ど~り」商店街に突き当たった熊野街道は、
少しだけ左折して、すぐ南へ下ります。

IMG_2623.jpg


この先の高低差が、豊臣期大坂城の惣構・空堀の痕跡。
急坂を下ったところにある大阪市立上町中学の前にも、
「熊野街道」顕彰碑があります。

この坂は下らずに「空堀ど~り商店街」を東へ。
上町筋を渡って清水谷方面に歩いて、
普段の通勤ルートへ。

清水谷公園の高低差。右奥が谷の底です。

IMG_2624.jpg


スポンサーサイト

基本の通勤ルート~上町台地暮らし

 2018-05-15
毎朝、谷六(谷町六丁目)の家を発して、
東へ玉造界隈まで徒歩通勤。

いろんなルートをたどりますが、
最近は基本的な経路が定着してきました。

谷六から上町筋まで出て少し南下して東折、
住宅地を抜けて、天王寺区の清水谷公園の北側へ。
ここから先は、かなりの段差があります。

IMG_2608.jpg


起伏に富んだ坂と段差、谷を日々楽しめます。

その先の辻。北は長堀通を越えて上りになる「女学院坂」

IMG_2609.jpg


南は「心眼寺坂」で上りになります。
この坂の右手(西側)奥にある大阪明星学園が「真田丸」推定地。

IMG_2610.jpg


この辻の西南角に、真言宗「善福寺」、通称「どんどろ大師」があります。

IMG_2611.jpg


人形浄瑠璃・歌舞伎「傾城阿波鳴門」の「どんどろ大師」の場に出てきますね。

母・お弓と娘・おつるのブロンズ像があります。

IMG_2612.jpg


「どんどろ大師」夕景。提灯に火が入ります。

IMG_2619.jpg


長年この道は歩いて行き来してきましたが、
住み暮らすようになってから歩いてみると、
以前とは違う感慨があります。


雨の熊野街道

 2018-05-13
5月13日、雨の昼下がり。
大阪市中央区安堂寺町2丁目、
長堀通の一つ北を東西に通じる安堂寺町通。

この近所に住むようになって、もうじき9カ月。
昨年5月1日に天満橋八軒家浜を起点に、
大阪市域の熊野街道を住吉大社まで歩きましたが、
まさかそのときは、その沿道に住んで、
旧街道筋を毎日のように行き来することになるとは、
思ってもいませんでした。

大阪市域の熊野街道の公式比定ルートには、
道筋には顕彰の銘板や「つたい石」があります。
(現在の大阪市域内の熊野街道の経路について、他の説も)


IMG_2600.jpg



八軒家浜から南下して最初に東折するところが、
ちょうど安堂寺町通です。

IMG_2602.jpg


わが家からは大阪城や史跡難波宮は、ほん近所。
熊野街道のルートをたどれば四天王寺まで四半刻ほど。
高津宮、いくたまさん、天王寺七坂、それに合邦辻なども徒歩圏内。
国立文楽劇場は徒歩20分です。

古代からの歴史が積み重なった上町台地に暮らし、
あちこちを往来するだけで、
いろんなことが「タダ(無料)」で楽しめます。

そのあたりのことを、随時書いていきたいと思います。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。