スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

袴と口伝

 2012-12-13
この季節だから、というわけでもありませんが、
仕事、通勤の合間の気分転換に、この間手にしているのが、

『芸づくし忠臣蔵』(関容子著、文春文庫 2002年)

芸づくし忠臣蔵



ちょうど10年前に文庫版が出たときに求めて以来、
折に触れて読んでいる本です。


その中で四段目、塩冶判官切腹の場のところ、
七代目幸四郎が、この場で平伏している諸士について、

「お辞儀をしてお尻が立っていたら大笑い。
 背中が平らになるように袴の真ん中の割れ目へ
 下腹を入れないと、尻が上がって背中が丸くなる」(125ページ)

と語っているくだりに、尻、ならぬ、膝を、思わず打ってしまいました。



袴愛用の私。

「平伏」という体勢をとることは、ほぼないのですが、
唯一、奥様の方の墓参の折、お盆と正月は、本堂で、
作法どおりにお辞儀をするのに、立ったり座ったり。
座るたびに、事実上の「平伏」となります。

ここ数年、袴でその体勢をとると、どうもお尻が上ってしまって、
まあ、だれも私のことなんか見ていないわけですが、
それでも、自分自身は、


けったいな



感じがしていたのでありました。


で、上掲書の該当箇所を読んで、



なるほど



正座するにも、下腹が入るように、両の太ももはそろえず、
適度な間隔をつくると、ぴたっと、背中が平らになるのを、このほど発見。


こういうことは、「きもの本」には、まず言及がありませんで、
かえって歌舞伎の口伝で「なるほど」と得心がいきます。



これからは、なにかのときの口上でも、これでバッチリ。


口上


(写真は2009年の高槻ジャズストリート、野見神社能舞台での、
 はもにか独り吹きのさいの開演前口上の図 撮影=番頭玉三郎氏)


スポンサーサイト

来年までさようなら

 2012-10-27
夏用の、綿麻の普段袴を洗って干す。


夏袴干す




「夏用」と言い条、4月下旬から10月中旬まで着用。
気軽につけて、至極軽快なので愛用しています。

来年の出番までさようなら。


木綿袴を洗う

 2012-10-14
きのうの朝、仕事に出る前に、
木綿の袴を洗って干しました。

出羽木綿です。


染織こだまさんでお世話になった袴で、今回初めて洗いました。

前に西宮の木綿展にお邪魔した折、洗い方について相談。
「ひだ」に仕付けをして洗うという方法もあると教えていただきましたが、
今回は実験的な意味も含めて、何もせず洗面所で押し洗い。
軽く脱水をして、シワを伸ばし、ひだの線を確認しながら干す。


もともと普段袴でもあり、これで十分だなと思いました。



今朝は、ひだを確認しながら、紐も含めてサッとアイロンをかけました。


袴とアイロン



手拭いも袴の図柄。


午後から、さっそく着用して出掛けます。


袴を洗う

 2011-08-18
洗って干した一腰は、京都「和次元・滴や」さんの綿麻袴。

和次元・滴や
http://www.geocities.jp/shizukuya_wajigen/


袴干す1



腰板内部の材質は開けてみないと分かりませんが、たぶん厚紙。
洗うときは腰板の水濡れを避けて手洗いして水を切ってから干します。

ことしで3度目の夏ですが、至極快適(綿65、麻35)。
私は袴なしの場合は、夏場でも羽織を着ますが、
暑さの中では1枚でも減らしたいのが人情。

そこで心強い「味方」が普段袴です。
活動性はもちろんのこと、下半身、足元の涼しさ、軽やかさは格別です。



袴干す2



「メビウスの輪」みたい?ですが、
滴やさんの袴は、前紐を2分割という設計。
前紐の上?は結んで、下?は後で金具を使って留める式。


前紐を結ぶ段取りは袴をつける醍醐味の一つで、
2分割だとかえって一手間増えるような気がしますけれど、
これはこれで気軽です。



9月いっぱいくらいまでは、この袴に活躍してもらいます。


袴ッ!!

 2010-12-05
きょうは、午前中、家の掃除やらなにやら。
午後から夕方まで仕事に出る一日。

午前中、掃除機をかけていましたら、
昨夜不在だったところの再送で、宅配便が届きました。


宮崎の「染織こだま」さんの奈良展でお願いした、木綿袴であります。
http://someorikodamas.com/


木綿袴1


生地は出羽木綿。「なんといっても」の、馬乗りです。


木綿袴2


5月~10月中旬までの綿麻袴が先にありましたが、
この出羽木綿袴をもって、秋~冬~春の普段袴が実現。
私の「普段きもの暮らし」の構築において、四季を通じて必要な一式が、
完全に揃いました。


せっせと「きもの暮らし」を始めて、ここまでくるのに4年。

振り返って、過ぎてしまえばあっという間ですが。

さて、いつこの袴をつけましょうか。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。