スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

想像力~「はもにか出前10年」(その3)

 2016-11-16
「はもにか出前」は無伴奏のひとり吹き。

左右を見ても、振り返っても、誰も助けてくれる人はいません(笑
その場の全責任が、私にふりかかってきます。

IMG_0492.jpg



先日、大阪・天満天神繁昌亭で昼席を見物していて、
ある落語家さんが、噺のマクラで、

「落語は想像力で成り立っています」

てなことを言うてはりました。

「こんにちは」

「なんや、お前さんか。まあ、ちょっとおはいり」

と、ひとりの人間が上、下を語り分けて、その空間をつくっていく。

実は、それを見ながら空間をつくっていくのは、聞き手でありまして・・・


はもにか出前を初めて10年、そのうち、
5年目くらいから、たとえば「♪うさぎ追いし~」の「ふるさと」を演奏していて、
聞きながら、涙流しておられる方がいらっしゃいます。

この方は、私の演奏が素晴らしくて泣いてはったんでしょうか?

それは、どうも違うようで・・・

その方は、はもにかで繰り出される「ふるさと」のメロディーによって、
自分でも「ふるさと」の曲を、心の中で自分で奏でて、あるいは口ずさみ、
その方がこの曲に折りこんだ、ご自身の体験や思い出を、
おのずと呼び起こしてはるんやろうと思います。

わが家で、宴席をしたあるとき、
その場にいらしたお客様の前で、「ふるさと」を吹いたのですが、
その方も、私も、それなりに酔っていて、
私の演奏も、かなり怪しかったのですが、
聞いてくださったその方、

まさに、

「滂沱の涙」

でありました。

これも、私の演奏がどうこう、というより、
私の演奏をきっかけに、その方の「ふるさと」が蘇ったわけです。

演奏というのは、そういうことの、

「ちょっとしたお手伝い」

であるような気がします。

たった一人の「ひとり吹き」でも、そういうお手伝いができる。

なので、私は「はもにか出前」では、あくまで

「ひとり吹き」

でございます。


スポンサーサイト

はもにか吹きの「名折れ」ですがな~「はもにか出前」10年(その2)

 2016-11-15
「はもにか」出前、引き続き、「忘れたころに出前の注文あり」ということで、
今のところ、年内1回、年明けに1回と、ご予約をいただいております。

ありがたいことです。

先日、奥様関係の行事で、京都・上七軒へ。

IMG_1767.jpg



みんなで会食の折、自己紹介を兼ねて、はもにか1本吹き。

IMG_1786.jpg



「はもにか出前」は無伴奏の、はもにか1本勝負。

これは「出前」を始めてから10年間、変わらぬスタイルです。


音楽の楽しみ、喜びの大きな要素は、
みんなで音楽をつくる、つまり「合奏」にあります。

それは百も承知の上。

ただ、あるとき突然、

「へええ、おっちゃん、はもにか吹くの?ほな、いま、ここでなんかやってえや」

と言われたらどうします?

「いま、楽器持ってません」

てのは、論外として、

「いやあ・・・リズム隊がいてませんので・・・」

とか、

「ステージがないので・・・」

とか、言うて尻込みしてたら、それは、

「はもにか吹きの名折れ」

ですやん?

ギターやピアノ、バンドがそのときいてなくて、
たった一人であっても、その場で、

「おひねり」

の一つでも飛んでくるような、何か芸ができて、なんぼのもんですやんか?

どこでも、いま、ここで、私がはもにかを吹けば、そこがステージです。

これを「地」でいくのが、「はもにか出前」でございます。

(つづく)


「はもにか出前」10年(1)

 2016-10-10
きのうは、大阪市住吉区、南大阪医療生協の「健康まつり」で「はもにか出前」でした。

「はもにか出前」とは私が勝手に名付けているもので、
お座敷がかかればどこへでも出掛け、
無伴奏、「はもにか1本勝負」でひととき、お楽しみいただくというスタイルです。


IMG_0894.jpg


IMG_0899.jpg




9月には和歌山県田辺市での「敬老のつどい」に呼んでいただきました。

IMG_0475.jpg



JR紀伊田辺駅から、さらに迎えにきていただいた車でさらに30分、
「中辺路(なかへじ)町」の公民館での演奏。

久しぶりに「口上」つき、でありました。

IMG_0436.jpg

IMG_0444.jpg



口上は立ってでも、椅子に座ってでも、できそうなものですが、
やっぱり、正座して、平伏しないと、気持ちが乗らないもので・・・


さて、無伴奏の「はもにか出前」を続けて、10年になります。

20015年のFIHジャパンのコンテスト(ブルース部門)で、
その年、たまたま1位になって、それをどこかで聴きつけた方が、

「そんなんやったら、いっぺん、吹きに来てくれへんか」

とお誘いいただいたのが、2005年9月のこと。
そこで聴いていただいた方が、

「へええ、そしたら、いっぺん、うちの集まりにも来てくれへん?」

と呼んでいただいて、そこで聴いていただいた方が、

「私らもこんなイベントするんやけど、そこで吹いて」

といった具合に、本格的には2006年から、
数珠つなぎに「出前」のご注文をいただくことになりました。

きのうの住吉区での出前は、
ちょうど1年ほど前に大阪市内某所で私が「出前」をした折に、
そこで聴いてくださった方が覚えてくださっていて、

「住吉区へ一度、どうですか」

とお声掛けいただいたもの。

和歌山県への「出前」は、
大阪から田辺市へ移り住まれて、いまも大阪と行き来されている方が、
どこかで私の「出前」を聴いてくださっていて、

「いつか、田辺へ」

と温めていただいていたそうで。

なにしろ、「はもにか出前」は、こちらから売り込まず、
すべては、どこかで聴いて下さった方が、

「こんどはうちに」

とお声掛けいただいているわけで。

こういうのは「はもにか吹き冥利」、でございます。


(つづく)



半年ぶりの「はもにか出前」@河内山本

 2013-10-07
きょうは、ほぼ1カ月ぶりくらいでまるまる1日の休みをとり、
半年余ぶりに「はもにか出前」に出掛けました。奥様同道。

行き先は、大阪府八尾市の河内山本。


近鉄鶴橋駅で、新型観光特急の「しまかぜ」を撮る。


近鉄新型特急




さて、出前会場は、近鉄河内山本駅から徒歩5分ほどのところにある、
カフェ コスモスさん。

カフェ コスモス
http://www.cafecosmos.info/



午前11時から演奏を2席。

先に、ケーナ・ヴォーカル&ギターのデュオ「BAMBOO(バンブー)」さん。


バンブー



ついで私の出番。汽車(トレインピース)の前にタスキがけの図


たすきがけ



演奏の図


八尾演奏



地元の皆さんを中心に30人ほどで満員御礼。
演奏のあとは、カフェ コスモスさん自慢のランチをみんなでいただく。


ランチ




お店のママさんは元管理栄養士さん。
高齢者の食事の工夫について分かりやすいお話を聞かせていただきました。


お話




散会して、玉串川沿いに南へ歩く。


玉串川を往く





八尾の和菓子屋さん「風土菓 桃林堂」さんへ。


桃林堂さん1




風土菓 桃林堂
http://www.tourindou100.jp/



以前、この山本地域に「はもにか出前」でお邪魔したさい、
http://koniharp.blog118.fc2.com/blog-entry-2236.html
主催者の方が、桃林堂さんのお菓子を手土産に持たせてくださいまして、
あまりの美味しさに、いつかお店へと思っていました。


大正十三年創業のお店。茶房もありまして、
季節のお菓子「わた玉」とお抹茶をいただく。


桃林堂さん2




わた玉は、河内木綿の里である八尾にちなんで、
大納言入りの白餡を包んで、白い綿花に見立てたもの。


桃林堂さん3





また歩いて、近鉄「河内山本」駅へ。
駅前の商店街に、「川魚屋さん」がありました。


山本駅前





きのう、きょうと、大阪は真夏日のような気候。
夏物を着たいくらいですが、そうもいきませんで(袷なんて着てられまへんで)、
私は川越唐桟に本麻の襦袢。奥様は夏久留米。


帰路、河内山本駅で、特急通過待ちの各駅停車上本町行き車内


各駅停車上本町行き




それでも暑い一日、帰宅して、すぐに脱いで洗って干す。


洗って干す



6月のはもにか出前

 2013-06-08
きょう(6月8日)は大阪市内で、講演+はもにか出前。


演奏の図




いつもの写真係(奥様)と違って、また異なる仕上がり。



きょうから小千谷縮解禁にしました。ふだん着物暮らしの特権、です。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。